天然木&自然素材
HOME > よくある質問
Q.
何十種類もの木を使って家を作るのはなぜですか?
内装木材などは統一したほうがまとまりがでて良いと思うのですが...
A. 
天然無垢材を使って住宅を建てる意味は、見た目の美しさのみならず、それぞれの木の持つ機能や効果を生かしながら、健康で快適な住環境を実現することにあります。
私たちが日々様々な食物から栄養を取るように、様々な働きを持つ無垢材を適材適所用いることで、機能的でバランスの良い住まいができるのです。
私たちは自然のなかで生きていますが、自然界の動植物にはそれぞれに役割がありお互いに共生することで、望ましい環境を維持しています。
そうした森羅万象を住まいのなかに再現し、自然と共生しあう環境をそのなかにつくることで、そこに住むご家族の健康と幸せを実現するのです。
「木は活かして使う」これが私たちの考え方です。
Q.
他社の住宅には必ず採用されている、24時間換気システムがありませんが大丈夫ですか?
A. 
室内の汚れた空気を強制的に排気し、外の新鮮な空気を取り入れるのが換気システムの役割です。昨今、主流となっている「高気密・高断熱住宅」では、この24時間換気システムがないと、いわゆる密室状態となり、空気が汚れ酸欠状態になってしまいます。
「自然通気工法の家」は、通気層を介して、いつも新鮮な空気が自然に循環しており、さらに木や畳の働きでマイナスイオン化されますので、いつもすがすがしい空気が室内に満ち溢れています。また、自然素材の家は有毒ガスを発生することも無く、換気の必要がないのです。
24時間強制換気が必要な住まいと、機械的な換気の要らない住まい(お金もかからず、静かで神経も使わず、メンテナンスも必要ない〜そんな住まい)どちらに住みたいと思いますか?
Q.
天然無垢材のよさは十分わかりましたが、無垢材はやはり“高価”なのではないですか?
A. 
ウシキの住宅は壁や柱、あらゆるところに“節”があります。これを、醜いといって嫌う人もいますが、あえて節のある木を使う理由は、何よりも安いからです。節のある材は、内装材や家具材として人気が無いため、安く手に入るので
す。しかし、あたりまえですが、節のある材もない材も、その働きになんら変わることはありません。
大切なことはむしろ、活きた木を使うということです。機械により人工的に乾燥させた無垢材は、本来の働きができません。私たちは自然乾燥の活きた無垢材にこだわっています。
私たちは、無垢材を[内装材(装飾材)]としてではなく、理想の住まいをつくるための[環境材]として捉えているので、節のあるなしにはこだわりません。むしろ木の持つ生命感が感じられたり、時を経るにしたがって生活の中になじみ、愛着の持てるものになっていくものです。






資料請求・お問い合せ 無料メール相談・お問い合せ

上越市、妙高市の注文住宅・リフォーム|ウシキ株式会社 〒943-0893新潟県上越市大貫四丁目32番2号
TEL:025-524-9850 FAX:025-522-1787
 info@need-ushiki.com