きれいな空気を生む 住まいづくり131

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



住む環境 自然の恵みで よい家庭②

昔の住まいは住むことによる生活コストが少なかったのですが、
今日の住生活は住宅メーカーに誘導されて、
生活様式を規定化され独自の生活は住宅によって失われようとしています。
そのため、目先の虚栄が生活コストを上げ、生活を圧迫しています。
無益な奢りが幸福につながるわけはありません。
生産メーカーが利益追求のために善良なる庶民の虚飾本能をかき立てて販売成績を促進しているのです。
便利がよすぎることは人間を退化させ、耐える習慣を失わせます。
便利さにすぐに馴れ、そのありがたさを感じないばかりか、それ以上の贅沢を要求します。
その結果、思考力、忍耐、行動意欲を失い依頼心と欲求心が先んじて、
寛容性を失い最後には体力減退とともに人格の失墜を招くことになります。
それと同時に浪費癖は経済感覚まで麻痺させて、
自滅による不幸は加速を増して近づくことを反省すべきであります。
住生活において、科学文明を否定して文明の利器を使用しないことを奨励するわけではありません。
合理的・機能的な住生活は大いに推進すべきでありますが、
自然現象の利点を最大限に利用することが第一であると思います。
それを補う程度の諸設備でとどめることが望ましいと考えます。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり130

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



住む環境 自然の恵みで よい家庭①

住まいの周辺環境は、自然に恵まれたよい環境に求めたいところです。
平和と安心が保たれる場所、そこが理想の住宅地であります。
戦後日本の住宅地は、欧米の先進諸国に追従して開発が積極的に行われてきました。
民間企業と行政機関が一体となって戦後38年間の間に日本列島が改造され、
素晴らしい住宅地が続出しました。
整備されたよい環境が庶民に供給されたことは喜ばしいことでしたが、
残念なことに、折角素晴らしい住宅地を求めながら、
その環境を活用した住宅の設計や計画がされている場合が極めて少ないように思います。
つまり、自然の効果的利用の研究がなされていません。
自然の脅威だけに関心を持ち、災害防止対策のみを優先し、自然の効果を配慮しない、
たとえ狭い敷地であっても、断念する前に研究を重ねることによってよい住まいが得られるのです。
自然は、弊害をもたらすことよりも、その何百何千倍もの恩恵
地球上の全てのものに与えていることを認識しなければならないと思います。
人々は、その恵みを住まいに利用することが住まいづくりの第一条件であることを知らなすぎる様です。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり129

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



環境は住む人々でつくられる

環境によって精神作用が変わり、人格は、精神作用の良否によってよくも悪くもなります。
つまり環境は、人間の運命を変えるのであります。
また、同類親和の法則にもとづき、同じ思想、同程度の人々が誰からともなく集合し、
生活集団をつくり、生活環境を構成することも事実です。
人間の個性は、生まれ育った環境や、社会における人間関係の累積によって培われ、
完成されるのでしょう。新しく住む場所も、その個性にもとづいて選択されていきます。
自然のなかで長い間生活をしてきた者には、街中の閑静な住宅地を勧めても、
その静かさを理解しません。隣近所の隔離された生活など我慢が出来ません。
庶民の生活に、庶民同士のコミュニケーションがなければ、喜びも情味も暖かみもありません。
人間の群集心理が隣近所の人間関係によって満足され、相互の助け合いとなり、
豊かな情緒をつくり出してきました。そして周辺の環境は、
その人達の総意のうちにつくられてきたのであります。
つまり人間が環境をつくり、その環境がまた人間の性格をつくりだすのであります。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり128

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?   H30・6月

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



人間は自然の恵みで生かされる②

有名な「気学」の大家が、「人間は環境と大自然に左右されている」また、
「大自然に順応すれば幸福を得られる」と言っています。
私はその道の専門家ではありませんが、住まいづくりを通して、このことは実感として理解出来ます。
暑いから、外気を遮断して内部の空気を冷やす。寒いから、外気を遮断して内部の空気を暖める。
このことは暑さ寒さを調節しましたが、室内への酸素の供給の考慮が足りません。
その結果、人間はどうなるでしょう。健康なうちは、空気の必要性を意識せずにすみます。
多少炭酸ガスが多くても酸素欠乏を感じません。
しかし、長い年月の間に体質を変えていくことは間違いありません。
一部の地域では、自動車の排気ガス公害や、
化学工場より排出される有毒ガスによる空気汚染の公害が発生し、
住民が直接被害を蒙っています。このように、自分が直接被害や衝撃を受けないかぎり、
誰もが実感として空気汚染の恐ろしさを理解出来ないのであります。
ただ他人による空気汚染に対しては神経を使っているようですが、
自分の住まいが自分たちの吐き出す炭酸ガスで汚染しても気にも留めないのですから、
人間とはまことに身勝手なものです。
空気の有難さと親の恩とは、あまりにも大きすぎて理解できにくいようです。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり127

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



人間は自然の恵みで生かされる①

神は万物に対して、自然の恵みを平等に与えられました。
特定なものが自然を独占することを許していません。ところが、万物の霊長と自認する人間が、
人間社会の為のみに自然の改造、破壊を企て独占しようとしています。
この事実を科学文明の進歩と称し、人間社会の向上と錯覚をおこしています。
しかし、化学万能時代であっても、人間は空気を三分間吸わなければ死に至ります。
大気の五行学説の理に「大気順応説」があります。大気なくして万物の生命はありません。
最近の住宅は、外気を遮断するので酸素が欠乏しやすいですが、
よい住まいとは四季の大気作用に順応し、常に新鮮な空気を室内に満たします。
昔から「幸福を招き子孫繁栄するのは、天地の理に適う住まいから」といわれてきました。
天地の理は太陽と空気の作用であり、採光と通気の調節であります。
日本では毎年百数十万戸の住宅が新築されています。その多くは、天地の理を無視し、
単純な思考の中で計画されているのが実状です。感覚的な満足を求める為、
本質的な自然の定理を無視した発想に酔っているのであります。
端的に言えば、空気の存在と重要性を住宅と関連づけることを忘れているのかもしれません。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり126

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



構えずも自然にとけたよい住まい

住まいには分相応の構えが大切ですが、では、家の構えとは何をもって表現しているのでしょうか。
広大な屋敷、規模の大きさ、或いはいかめしい門構えを意味するのでしょうか。
いずれにしても外部から眺めた感じによって結論付けられています。
お金をかけた豪華さが構えとしての風格を出している事は否定できません。
しかし、その構えのために悲劇が繰り返されていることを見逃すことはできません。
住まいの構えによって、住む人、訪れる人の心情が変化することは事実です。
住宅には、それなりの風格が必要です。この風格をつくるのは設計者であり、プロの仕事です。
建物は必ず古くなります。古い建物の期間が長く、新しさを感じる期間は短いのです。
つまり、古くなった時の渋みと良さを想定して計画しなければなりません。
ヨーロッパ諸国やアメリカは、100年以上経過している住宅が多くあります。
建物に誇張がなく自然に溶け込んでいます。
一見シンプルさを感じても、どの家にもゆたかな個性があります。
それぞれの個性に厭味を感じさせません。訪ねる人々に威圧感を与えず、
微笑みと抱擁を想像させる暖かさは、自然な姿として学ぶところが多くあります。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり125

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



親の格 子孫に示す よい住まい

すべての子をもつ親にたずねます、「あなたは子供に尊敬されていますか」。
納得のゆく住宅の設計及び計画ができた物件で生活している人々は、
幸福な家庭を築き、快適な生活を続けています。その子供達は、住まいの環境を通じて親の理念を理解し、
尊敬の念をいだきます。それは、住まいの隅々にまで親の配慮の深さを知ることができますし、
彼等自身プライドをもつことができます。
自然の恩恵を知り、自然とともに人間が生きてゆくことの尊さを悟ります。
毎日の家庭の会話が明るい話題に変わるのも、住まいの仕組であることが理解されます。
彼等は大きな親の愛情に感謝しながら素直な好青年に成長してくれたのです。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり124

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



よい住まい 子孫代々 受け継がれ

できることなら自分が苦労してつくった住まいを子孫の代まで残したい。
とくに晩年に建てた家は、自分としては最後の家になるかも知れません。
生涯の苦労の価値を自認できます。この心情は、住まいを建てる人の率直なものではないでしょうか。
また、住まいの本体そのものの恒久的な存在よりも、
その住まいで育ち生き続ける者の思想が、住まいの環境を通じて、
自分の理念を受け継いだとすれば、その住まいの役割は大きいと思います。
最近の社会では、税制の面や生活様式さらには思想変化によって家系が永く続くことが困難となりました。
家族制度がくずれた現状下では何代も続く家系を設立することは至難なことですが、
家系が続くことが自然な形態ですので、できないことではありません。
それを求めるのが人情というものです。
子孫繁栄の最大の要因が、家庭生活によることが当然だとすれば、
住まいの環境こそ重大な役割を持つということを痛感します。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり123

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



相応な住まいの構えが永く栄え

昔から“分相応”という言葉があります。
人間、器以上に見られたり、見せつけたりすると、その結果はいいものではないかと思います。
住まいも、住む人の人格とあまり隔たりがないことがよいと思います。
世の中には、一時的な経済のゆとりや社会的地位の上昇が
永久に続くと錯覚をおこし、住まいの構えを拡大しすぎる人がおります。
住まいの構えは必ずしも人格を象徴するもの
ではないことを知るべきであります。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ

きれいな空気を生む 住まいづくり122

・メダカの水はなぜ腐るのか?
・植物はなぜ朝日を必要とするのか?
・植物は根に影響を受けるのはなぜか?
・花ビンの花はなぜすぐにダメになるのか?
・食べ物はなぜ腐るのか?
・カーテンがカビるのはなぜか?
・低気圧は体調を崩しやすいのはなぜか?

私達が生活してゆく上に
色々と自然が教えてくれることが
たくさんあります。その住まいづくりを
かかげてみました。 体感展示場「社の家」はこちら



よい住まいは住む人の格をさらに上げ

住宅を設計する人の目的は、住む人に〝幸福の生活〟を営んでもらうことにあります。
その家の主の〝人格〟がますます立派になってもらいたいということでもあります。
よい住まいとは、常に庶民の中に存在しています。住む人が〝幸福な生活を営む住環境をもつ住まい〟
これがよい住まいなのです。よい住まいは天地自然の理にかなった住まいだからこそ、
そこで住む人が自然の恩恵を得ることのできるのもまた当然といえます。
人間の精神作用は、環境によって変えられるといわれるように、
自然に順応した住まいの環境は、住む人の人格を向上させます。
科学文明の発達は、人類の平和と安心のためのものであるはずなのに、
「経済、経済」とすべて経済が優先され、経済の成長が人類の進歩とされ、
それと同時に人間の利己的本能を増長させてしまい、経済の成長は人間に生活の喜びを与えました。
ことに自由経済は封建制度から大衆を解放し、平等な生活を与えました。
この功績の何より大きいことは、昔の生活を知っている者なら誰でも認められることでしょう。
しかし、この平和と安心を永久に続けるために何をなすべきか、
このままでは嘘飾と惰弱が人間を自ら滅亡へ導くことになりかねません。
人間が衣食住を通じて、生活に対する反省をして、
従来あった自然と人間生活の調和を取りもどすべきではないでしょうか。
せめて住まいについてだけでも、真の幸福を生む計画をすすめたいものです。

幸せを生む住まい 間取りは住まいの命
ウシキ株式会社
住まいの教室 開催中!
お問い合わせ